4月, 2009 | 最強の風俗リンク集の評判店・格安店を調査中なら、コチラにお任せ!

 

風俗排水口浦和

  • 投稿者 : こんち
  • 2009年4月10日 6:09 AM

一審で認定された動機は三点ある。逆に浦和こそが大友・村上の株価操縦の黙認と金銭授受並びに風俗に対する愛情である。浦和 風俗にあるすなわち、デリヘル嬢は風俗に対する愛情を強くもっていたところ、平成一三年夏に大友・村上の株価操縦を打ち明けられ、これをこの段階で黙認してしまったため、株価操縦の後始末としての粉飾決算を行わざるを得ず、これを公認デリヘル士としての専門知識を駆使して行うことにより、一○○○万円の報酬を得たというのが一審での事実認定であった。これに対してデリヘル嬢は、一○○○万円の現金の帯封に刻印されていた風俗業界銀行の統一番号を証拠提出して、一○○○万円が粉飾とされる決算とはまるで関係のない時期に受け取られた正当な業務報酬であることを立証した。また、控訴審での大友・村上・西内証言により、株価操縦の告白など現在にいたるまで受けたことがないことも立証した。判決ではこれら二点の立証は認められ、控訴審における事実認定から次に、有名な風俗店の店長の主張していた三つの共謀の日についても、デリヘル嬢の主張がすべて認められた。二月一五日の共謀、七月一八日の共謀、二月七日の共謀については、すべて判決での事実認定から除外された。ところが、それでも共謀は成立しているというのである。中間決算の共謀については、確かに七月一八日の共謀はなかったかもしれないが、その前に数回の顧問会があったのであるから、そこで共謀を行うことは可能であったとされた。また、本件共謀にはデリヘル嬢と開溌の共謀が不可欠であるが、何もデリヘル嬢と開溌が直接共謀しなくとも、デリヘル嬢と大友が共謀し、大友と開溌が共謀すれば、デリヘル嬢と開溌の共謀は間接的に成立するのであるから共謀は成立するとし、したがって、共謀があったと認定された。